リカオンSEO対策|ブログ開設時に考えておきたい!運用方針について

ブログ開設時に考えておきたい!運用方針について

企業・店舗のオフィシャルサイトとは別に、ブログを開設されている方も多いかと思います。 ブログは、通常のサイト更新よりも手軽に投稿ができるので、サイト更新に比べて更新頻度が高めな場合が多いようです。

しかし、ブログを活かしきれていない場合が非常に多く、企業・店舗のオフィシャルブログであるにも関わらず、ただの世間話だったり日記だったりと、企業・店舗とはまったく関係のない個人的な内容になってしまっている事例をよく見かけます。

ブログが活かし切れていない例

・ただの私的な日記になってしまっている
・まったく更新がない(論外です)
・オフィシャルサイトとまったく同じ内容の投稿をしている
・ブログばかり更新してオフィシャルサイトの更新が滞っている

その原因として、ブログ開設時にブログの運用方針を取り決めていないことが挙げられます。運用方針なしにブログを運営していても、それは地図なしで宛てのない航海をするようなものです。ブログ開設時には、オフィシャルサイトとブログそれぞれの運用方針を決め、掲載する情報の住み分けをする必要が必ずあります。

公式内容はオフィシャルサイト、関連内容はブログ

公式内容はサイトへ、付随する関連内容はブログへ書くようにしましょう。それぞれの役割を分担でき、効果的なアピールができるようになります。

【公式内容例】
・商品入荷情報
・キャンペーン情報
・休暇のお知らせ

【関連内容例】
・店舗内の様子
・業務上で思ったこと
・商品・サービスの活用例
・その他販促情報

上記はあくまで例ですが、このように運用方針を考えてみると、オフィシャルサイトとブログの住み分けがしやすいのではないでしょうか。

更新頻度が低いならブログは使わない

更新頻度についても予め想定を立てておいた方がよいでしょう。
公式内容として発信する内容が数ヶ月おきになってしまうようであれば、ブログは活用せずオフィシャルサイト1本での運用というのも選択肢のひとつです。
ブログばかり投稿してオフィシャルサイトの更新頻度が低くなってしまうと、SEO上あまり望ましいとは言えません。 そういう場合はブログは使わないと割り切って、オフィシャルサイトの新着情報などで販促情報や活用例などを発信していった方が、オフィシャルサイトのコンテンツも充実してくるので、よい結果に繋がりやすいです。

目次へ戻る

ページの先頭へ