リカオンSEO対策|h1

h1

HTMLマークアップ要素の1つで、headline(見出し)を意味します。
HTMLタグにおける見出しにはh1~H6までが存在し、コンテンツの階層構造に応じて適宜使い分けます。

SEO対策におけるh1

SEOの内部対策において、h1は比較的重要な部類になります。
検索エンジンは機械的にしかサイト内容を理解することができません。文章がそこにあっても、どれが見出しで、どれが本文なのかの判断ができないのです。
そういったコンテンツの論理構造を明示する役割を持つのがh要素です。
中でもh1は最上位の階層を意味するので、WEBページにとって大きな意味を持ち、そこに重要なキーワードが含まれることで、検索エンジンは検索クエリとの関連性を見い出します。

一般的には、ロゴ画像やページタイトルをh1として設定する場合が多いものの、パンくずナビにh1を設定するケースも中には存在します。

h1はテキスト形式が望ましい

h1をロゴに指定している場合は、ロゴ画像のalt属性がh1の内容として扱われますが、一般的には画像のalt属性としてのh1よりも、テキスト形式として扱った方が検索エンジンに評価されやすいと言われています。

h1使用時の注意点

初心者にありがちなミスですが、h1がSEOに重要だからと言って、必要以上にSEOを意識したキーワードを含めてしまっているケースがあります。
そういった過剰なキーワード挿入行為は、Googleのガイドラインに反するため、あくまでも簡潔に文章の内容を表すようにすると良いでしょう。

関連記事

目次へ戻る

ページの先頭へ