リカオンSEO対策|リダイレクト

リダイレクト

サイトの移転や特定のページの転送などに用いる、転送処理。

リダイレクトが必要になる場合は主に次のような場面です。

  • サイトが移転した場合
  • ファイル名を変更した場合
  • モバイルユーザーをモバイルサイトに誘導する場合
  • URLの正規化を行う場合
  • メンテナンス画面の表示を行う場合

.htaccessを使った方法と、metaタグを使ったメタリフレッシュという方法、Javascriptを使った方法があります。
サイト移転時などはリダイレクト処理を行うことで、ある程度SEO効果を転送後のページに対して引き継がせることができます。

.htaccessを使ったリダイレクト

Googleが推奨しているリダイレクト方法です。
「.htaccess」というファイル名のテキストファイルの中に、次のような記述をすることで、転送処理を行います。

deny from all Redirect permanent /filename.php http://www.hogehoge.com/ order deny,allow

.htaccessというテキストファイルを作成したら、ルートディレクトリにアップロードすることで、リダイレクトが有効となります。
ただし、サーバー環境によっては.htaccessが使えない場合もあるので、使用の前にサーバー環境を確認して下さい。
使用できない場合にはメタリフレッシュかJavaScriptによる方法を選択します。

PHPを使ったリダイレクト

<?php
header("HTTP/1.1 301 Moved Permanently");
header("Location: http://hogehoge.com/");
exit();
?>

PHPを使える環境で尚且つ転送元のページがPHPで構成されたページであれば、PHPを使ったリダイレクト方法を取ることもできます。
この方法は、Googleが推奨している301リダイレクト扱いとなります。

メタリフレッシュを使ったリダイレクト

メタリフレッシュでは、HTMLのの中に直接メタタグを記述することで、転送の処理を行います。

メタリッシュはheadタグの中に次のように記述をします。

<meta http-equiv="refresh" content="0;URL=URL">

0秒のメタリフレッシュを、Googleではリダイレクトとして扱います。
Googleが推奨しているのは.htaccessによる301リダイレクトですが、サーバー環境等により.htaccessが使用出来ない場合は、こちらのメタリフレッシュによるリダイレクトを使用することで、同等の効果とすることができます。
ただし使用できるのは単純なファイル転送の場合のみで、URLの正規化やモバイルユーザーの振り分けなどには使用することが出来ません。

JavaScriptを使ったリダイレクト

<SCRIPT type="text/javascript">
setTimeout("link()", 0);
function link(){
location.href='http://www.hogehoge.com/';
}
</SCRIPT>

こちらも、.htaccessが使用できない場合の代替手段となります。
こちらはモバイルユーザーの振り分けにも有効です。

※注
ウェブマスターツールのFetch as Googleでリダイレクトが正常に認識されないケースがあります。

目次へ戻る

ページの先頭へ