リカオンSEO対策|代替テキスト

代替テキスト

imgタグに対して記載するテキスト情報。で「オルト」と呼ばれる属性を使用します。
imgタグ内で「alt="テキスト内容"」という形で記載をします。

代替テキストの目的は、アクセシビリティの確保です。
WEBサイトは、ディスプレイを介した視覚情報のやりとりが基本になりますが、それでは視覚障がい者などへの情報提供が出来ません。 そういった人の為にテキスト情報を音声情報に変換する音声ブラウザと呼ばれる手段があります。 音声ブラウザでは画像の内容までは理解出来ないので、テキスト情報を画像に付与してあげなくてはなりません。 それが代替テキストです。 ですが、テキスト情報を付与できることを利用して、SEO目的としても記載されることがあります。

Googleを初めとする検索エンジンサイトのクローラーは、画像の内容を理解することはできないため、その画像が何であるかを機械的に理解させるために、代替テキストが必要となります。
過去には、それを逆手に取って過度なSEOキーワードの挿入や、必要以上の文章量を記載するなど、SEOスパムとして活用されることもありましたが、 現在ではSEO的な効果は多くは期待できず、そういったスパム行為は減少しつつあります。

目次へ戻る

ページの先頭へ